未分類

7年前の振り返り ~トレーナーとしての始まり~

本日で2017年も終わりですね。

初心にかえるためトレーナーになった時の7年前を振り返ろうと思います。

始まりは、トレーナーを目指して大学に通い出した3年目の春でした。

サッカー部の新入生歓迎のためのチラシ配りをしている時に学務課の方に急に呼び出され、告げられたことが

「君はもうここの学生じゃないんだ」

は?って感じでした。

家庭の事情で除籍処分ということでした。ただ、親を恨むなんてことは当然なく、逆にせっせと働いてくれていたありがたさがわかりました。

ちなみに同情してほしいなんて気持ちはまったくないです。今日伝えたいことは、あきらめなければなんとでもなるということです。

その瞬間、人生設計は崩れ、トレーナーの道は終わったなーと思いました。

ただ、3分後にスーパーポジティブおばかな僕が出した答えは、こうです。

「あっ!でも同期のやつらより2年も早く社会に出て、経験を積めるやん!あいつらが遊んでいる間に差をつけてやろう!」

ということで、求人を見ている時、たまたまみつけたのがVADYです。

未経験可!これしかない!と速攻応募しました。なぜかすんなり書類選考を通過し、面接をして頂き、すぐに合格しました。

入社してから知ったのですが、当時お世話になっていた大学の先生が当時VADYのアドバイザーをされていて、紹介ということになっていたみたいです。

世間は狭いですねー。

そんな偶然が重なり、トレーナーになることができました。

あの時求人をみていなかったら、ダメもとでも応募していなかったら、安心して紹介できるような学生(自画自賛)だったから、いろんな理由があったと思います。

とにかく行動をするということが大切だと思います。なんとでもなります。

2018年も前向きに考え行動していこうと思います!

2018年が皆様にとって健康で幸せな良い一年になりますように。

良いお年をお迎えください!

けんた

  • この記事を書いた人

大西健太(コンディショニングトレーナー)

~ひとりでも多くの人を健康に幸せに~ 大阪で活動するコンディショニングトレーナー。 一人ひとりに合ったメニューを提案して健康な身体づくりをサポート。   ■保有資格 ・鍼灸師 ・NASM-PES(全米スポーツ医学協会公認パフォーマンスエンハンスメントスペシャリスト) ・NSCA-CPT(全米ストレングス&コンディショニング協会認定パーソナルトレーナー)

-未分類

© 2020 【大阪で出張パーソナルトレーニング】大阪、北摂のAPコンディショニング