けんたの日常

台湾地震について

こんばんは。

大阪で活動中のトレーナー大西健太です。

今日は台湾地震について・・・

ではなく!

2年前に台湾へ行ったときの旅行記を書きます!

こんな時に不謹慎な!と思われるかもしれません。

なぜかというと

現地の方のツイッターやFacebookから↓

関係各位

各方面からのお悔やみとお気遣い、誠にありがとうございます。

今回の花連地震で、大きな被害となった場所の多くは断層の上部にあったもので、その他はそれほど大きな影響を受けておりません。たとえば地震当日、夜中2時に台北を出発した最終列車も、通常通り運行されました。

花蓮に住む私たちは現在、家の片付けに追われながら、地震による大きな影響も感じ始めています。 というのも、ニュースで伝えられる状況だけでなく、ほぼ普段の暮らしを取り戻しているからです。

今のところ、不足の物資もなければ公共交通機関も問題なく動いており、皆さんと変わらぬ日常を送っています。

もしも、皆さんが我々のために何かしたいとお考えくださるのであれば、ぜひ花蓮にいらしてください。皆さんが花蓮においでくださることが、一番うれしいのです。

災害の起きた恐ろしい地域だと避けられることほど、悲しいことはありません。

洄瀾窩國際青年旅舍 Hualien Wow Youth Hostel

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
花蓮県ホテルビジネス協会 プレスリリース

2月6日の深夜、花蓮地区で震度7の強い地震が発生しました。非常に心痛むことですが、現在、皆様のご協力とご支援を受けながら、県内全域にわたって修復を進めておりますこと、心より感謝申し上げます。

今回の地震に関して、2月分のホテル予約をされた方については、事前支払いもしくは一部支払いに関わらず、全額払い戻し、もしくは今年5月末まで予約延長することができます。各自、予約された宿泊施設にお問い合わせください。

花蓮は地震の多い地域のため、建物は非常に頑強に建てられています。今回、震度7に達する大きな地震で、被害もありましたが、花蓮の建物や交通施設のほとんどは無傷です。さらに、観光がメインとなっている花蓮では、90%の市民がなんらかの形で観光業に関わっています。そのため、本協会としては、花蓮への旅行を取りやめるのではなく、皆さんがお越しになることで花蓮の復興を支えてくださるよう、心よりお願い申し上げます。

 

復興は国内で間に合ってるから支援物資はいりませんよー

 

物資を送るなら観光にきて現地でお金使ってくださいねー

 

ということです。

 

支援物資ってこっちがよかれと思っても現地の人からしたら迷惑でしかないものって多々あると思います。どれくらいのものが送られているかは詳しく知りませんが

 

現地の人のツイッターでは大量の物資によって被災者の休む空間と時間を奪ってるそうです

 

千羽鶴とか食べたくもない食べ物とかですかね。

 

ということで

 

台湾に行ったことがない人のために台湾旅行記を書こうと思ったわけです!

 

この後どうでもいい僕の台湾旅行記がだらだらと続くので興味がない人はすぐにページを閉じたほうがいいです!時間の無駄ですから!

 

 

では!いきます!

台湾といえば!

 

飯!近い!安い!親切!

ほんとに台湾の人めっちゃいいひとばかりでした。

 

まあグルメがメインではないでしょうか?

他にも観光、マッサージ、占いとかいろいろあると思いますが、2年連続行った僕としては、飯が一番の行く理由ですね。

 

台湾に限らず、やはり現地のものが食べたいですから。旅行にカップラーメン持っていく人の気がしれないです。

 

 

初めて台湾に訪れたのは2年前です。そこでファンになって去年も行きました!何回でも行きたい国です!

※ちなみに僕の個人的なおすすめとかばかりなので、最新の情報はちゃんとしたサイトでチェックしてくださいね!

このとき初一人海外です。(他人の予定にふりまわされるのが嫌なんです。友達いないだけやろっていう突っ込みはしないでください)

ドキドキ、わくわくで飛行機に飛び乗り台湾へ。

だいたい2時間半~3時間くらいで着いたと思います。

ピーチで往復15,000円くらいでした。東京へ新幹線片道とほぼ変わらないですね。

少しはずれの桃園国際空港へそこからバスで1時間ほどかけて市内へ移動します。

現在はMRTという電車が開通しているのでそっちのほうが便利です。

タクシーを使わず、電車移動メインの方は空港でまずはこれ(EASY CARD)買ったほうがいいです!チャージできるピタパ的なカードです!しかも持って帰ってきてまた行ったときに使えるそうです。

しかも台湾の電車が安い!一駅60円くらい(当時)なので乗りまくっても交通費がそんなにかかりません。

 

ルンルンでホテルへ~

この時泊まったのがW台北というホテル。

僕からしたら超絶贅沢なホテルに泊まってやりました。数か月の貯金をして良いホテルに泊まってみたかったんです。どんなサービスを提供しているか体験して勉強するためでもあります。

だいたいどこでも日本語話せるスタッフがいると事前情報をキャッチしていたので意気揚々とフロントへ。

フロント「Hello~♪」

僕「チェックインしたいんですけど」思いっきり日本語でいきました。英語まったく話せません。

フロント「???」

僕「Can you speak japanese?」

フロント「ハナセマセン」

僕「いや!話してるやん!」

フロント「What?」

僕「・・・(やばい・・・)」

グーグル先生に翻訳してもらいつつ

なんとか単語をひろいながら会話してチェックイン完了。

 

 

 

結論から言うと台湾でいいホテルに泊まる必要はあまりないと思います。

なぜなら、ほとんどホテルにいなかったんですよね。僕の場合。家でじっとできないタイプなのを忘れていました。

宿泊費は削って、外でお金を使うのもありです。

ゆっくりしたい人にはおすすめなホテルでした。

 

 

 

あとはひたすら食べ歩きまくりです!

べたな観光スポットは龍山寺と士林夜市ですね。どの雑誌を見ても載ってます。

 

龍山寺

士林夜市

かきオムレツ

なんか豚肉でまいたやつ

臭豆腐(これ絶対食べてほしい!くそ臭いから!くせになる美味さ!)

炒飯とちっちゃい蟹の唐揚げ

エビ釣り。釣ったやつを焼いてくれる。

台湾ビール。あっさりしておいしい。

      

小籠包と豚まんのハーフみたいなやつ

 

小籠包と刀削麺

  

マンゴーかき氷(3人ぐらいで食べたほうがいい)

 

まあこんな感じでひたすら食べまくった旅行でしたとさ。一回目は当り障りのないものが多かったです。

ただ、写真を撮り忘れたんですが絶対観光客がこなさそうな路地裏の店とかも何軒かチャレンジしました。

 

なんの情報やねんって感じですよね。

 

 

今度は花蓮や南の高雄にも行ってみたい♪

 

 

けんた

 

ブログの感想はこちら♪けんたのレターポット📪

  • この記事を書いた人

大西健太(コンディショニングトレーナー)

~ひとりでも多くの人を健康に幸せに~ 大阪で活動するコンディショニングトレーナー。 一人ひとりに合ったメニューを提案して健康な身体づくりをサポート。   ■保有資格 ・鍼灸師 ・NASM-PES(全米スポーツ医学協会公認パフォーマンスエンハンスメントスペシャリスト) ・NSCA-CPT(全米ストレングス&コンディショニング協会認定パーソナルトレーナー)

-けんたの日常

© 2020 大阪のコンディショニングトレーナー大西健太のブログ