僕の考え

トレーナー業界の未来について考えてみた

こんばんは。

 

今日はふとトレーナー業界の未来について考えたので

僕の個人的な考えを書きます。

 

日進月歩のフィットネス業界。

ネットの普及であらゆる情報が手に入るようになりました。

一昔前では海外にいって直接学んでこなければならなかったことが日本にいながら学ぶことができる時代ですね。

それはとてもいいことです。

日々研究が進み続け、最新の情報が手に入ります。

トレーナーの知識や技術はさらに向上していくと思います。

お客様に提供できるものが増えていくと思います。

 

しかし、それが良い方向に進むのでしょうか?

 

 

知識がある=良いトレーナー?

確かに専門家として日々勉強し、知識を増やすことは大切なことです。

僕もまだまだ学ぶべきことはたくさんあります。

どんなに良い知識、技術を手に入れたとしても

それがお客様に明確に伝わり、そのサービスに満足し、運動を継続して頂かなければなりません。

人によってトレーナーの役割や思い描くビジョンは違うと思います。

 

僕が思うトレーナーの役割は一人でも多くの人を健康に幸せにすることです。

 

医療費の削減やフィットネス人口を増やすこと目標にされている方も多くいらっしゃいますし、僕もそれは必要だと思います。

 

しかし、個人や一企業がどれだけ頑張ってもそこを変えることはできません。

 

事実、大手フィットネスクラブが様々な取り組みをし、マイクロジムを含め運動する場所は増えているにも関わらず、フィットネス人口は横ばいです。

医療費も上がり続けていて今後下がることはしばらくないでしょう。

 

僕は今、個人で活動しているので医療費の削減などと大それたことを掲げても意味がないんですよね。

 

なので今は自分のできることを精一杯やっていこうと思っています。

 

一人ひとりに少しづつでいいので健康を届けていくことです。

 

ここで問題なのが、健康になるという点で世間では何が求められているのかです。

 

僕は世間ではトレーナーが思っている以上に高い技術や知識は求められていないように感じます。

知識、技術があるに越したことはないのですがそこではないのかなと最近思います。

 

冒頭に述べたトレーナーの知識、技術が向上することが本当に良いのか?

と考えた理由です。

 

専門家のセミナー情報は見ない日がないくらい、各地で開催されています。

そこで最新の知識を得る機会が盛んにあるのですが、盛んになればなるほど一般の方との乖離が進むのではないでしょうか?

 

一般の方が求めているものはなにか?

本当に質の高いサービスを求めている人は一定数必ずいます。

それはアスリートや一部の人だと思います。

人口の割合でみると少ないですよね。

 

経営者と雇われの社員、どちらが多いでしょうか?

雇われの方が圧倒的に多いですよね。

一部の質の高いサービスを求めるのは経営者層の人だとします。

 

例えば、リッツカールトンとビジネスホテル(アパホテルなど)とカプセルホテル。

 

◇リッツカールトン

質・・・最高、綺麗

店舗数・・・少ない

価格・・・高い

 

◇アパホテルなどのビジネスホテル

質・・・中、綺麗

店舗数・・・多い

価格・・・普通~ちょっと高め

 

◇カプセルホテル

質・・・下、汚い

店舗数・・・多い

価格・・・安い

 

(あくまで例え話のための大西の主観的な分類です。)

 

経営者でお金持ちの人はどこに泊まることが多いでしょうか?

恐らく、良いサービスを求めてリッツカールトンに泊まると思います。

 

では、東京へ出張にいくサラリーマンはリッツカールトンに泊まるでしょうか?

恐らく泊まりませんよね。

アパホテルなどのビジネスホテルだと思います。

 

安いからと言ってカプセルホテルではちゃんと寝れなかったりするので泊まる人は少ないと思います。

 

要は中くらいのサービスを選択する人が多いのではないかと。

大多数の人は出張先に

リッツカールトンがいっぱいできるよりも

そこそこのビジネスホテルができるほうが嬉しいと思うんですよね。

 

トレーナーで言うと

 

最新の知見を備えたトレーナーはリッツカールトンですね。

セミナーでバンバン知識を得てくる人達です。

今後こういったトレーナーが増えてくると思います。

でもその超最新の知識を求めているお客様がどれだけいるのでしょうか?

 

カプセルホテルクラスのトレーナーは安いし、質も悪いのでそこを求める人も少ないはず。

 

となれば中くらいのレベルが一番求められるのではないかと。

そこそこの知識技術があってそれなりのサービスを提供してくれたらオッケーみたいな感じですね。

 

僕もセミナーに出て、新しいテクニックとかを身につけてお客様に提供しても僕は満足しているけど

お客様は

は?

で?

なに?

ってなることがあります。

新しいものがすべていいとは限りません。(まあ僕の伝える能力が低いだけなのですが・・・)

まとめ

本当にすごいトレーナーさんはリッツカールトン級の知識を持ちながら、

カプセルホテルでいいやと言っている人たちにリッツカールトンの良さをわかりやすくかみ砕いて説明し、伝える力がある人です。

しかし、それはほんとに一握りだと思います。

 

僕はまだまだ知識面も伝える力も学ばなければなりません。

 

確かな専門力と伝える力を養い、一般の方目線で活動することが大切ですね。

 

また、お客様が楽しめるコミュニティを作れることが大切だな~と考えています。

 

いろいろ考えながら書いていたらいつの間にか日付が変わっていました。

 

コミュニティづくりに関して思うことはまた今度書きます。

 

大阪、堀江のコンディショニングトレーナー

大西健太

  • この記事を書いた人

大西健太(コンディショニングトレーナー)

~ひとりでも多くの人を健康に幸せに~ 大阪で活動するコンディショニングトレーナー。 一人ひとりに合ったメニューを提案して健康な身体づくりをサポート。   ■保有資格 ・鍼灸師 ・NASM-PES(全米スポーツ医学協会公認パフォーマンスエンハンスメントスペシャリスト) ・NSCA-CPT(全米ストレングス&コンディショニング協会認定パーソナルトレーナー)

-僕の考え

© 2020 【大阪で出張パーソナルトレーニング】大阪、北摂のAPコンディショニング