けんたの日常

絵本『えんとつ町のプペル』の魅力

今日はアリオ八尾で開催されている

「えんとつ町のプペル」光る絵本展にいってきました。

 

イベントスタッフの小西さんとパシャリ。

小西さんとはホームレス小谷さんの自叙伝をあげたことからの繋がりです。

 

そして

 

今日はなんとそのホームレス小谷さんが来ていました!

 

その場にいた方と一緒に記念写真

しかも居合わせた人はツイッターで繋がっている方達で楽しくおしゃべりをしました。

 

絵本の各シーンに突っ込みを入れながら解説する小谷さん

 

え~っとですね。

 

説明するより見てもらった方が早いのでこちらから↓

『えんとつ町のプペル』全ページ無料公開!

 

『えんとつ町のプペル』の購入はこちら

 

 

光る絵本展って?

 

全国

いや

世界で開催されています。

先日までニューヨークでも開催されていましたね。

 

光る絵本展はこんな感じ

 

なんとも幻想的な空間です。

 

大人も惹き付ける絵本

絵本といえば基本的に子供が読むものだと思います。

でもこの作品は子供だけでなく大人も楽しんでいます。

 

今日も集まった人でこのシーンがいいよねとかワイワイしてました。

 

キングコング西野亮廣氏のやっていることや考え方が好き、面白いという人もいれば

この絵本に込められた思いに共感して

心動かされているのだと思います。

 

映画化も決定していますし、今後が楽しみです。

 

ちなみにこの映画のストーリーは絵本とは少し違うそうです。

絵本では描かれていない

物語の前後の部分も描かれるみたいですね。

 

そもそもえんとつ町がどういった経緯で出来たのか?などです。

 

これは西野氏が語っていました。

 

最後に。ページ数の関係でカットになりましたが、主人公の一人であるルビッチの父親がルビッチにかけた言葉を、ここに記しておきます。

 

他の誰も見ていなくてもいい。

黒い煙のその先に、お前が光を見たのなら、

行動しろ。思いしれ。そして、常識に屈するな。

お前がその目で見たものが真実だ。

あの日、あの時、あの光を見た自分を信じろ。

信じぬくんだ。たとえ一人になっても。

 

引用元:http://spotlight-media.jp/article/370505056378315909

 

「信じぬくんだ。たとえ一人になっても。」

 

グッときます。

 

でもこの絵本を読んでいると一人になんかならない気がします。

信じぬいて行動する人の周りには自然と仲間が集まってくる。

絵本のなかでも現実の世界でもです。

 

そんな気持ちになります。

 

ブログの感想はレターで頂けると嬉しいです。

おおにしけんたのレターポットはこちら📪

 

大阪、堀江のコンディショニングトレーナー

大西健太

  • この記事を書いた人

大西健太(コンディショニングトレーナー)

~ひとりでも多くの人を健康に幸せに~ 大阪で活動するコンディショニングトレーナー。 一人ひとりに合ったメニューを提案して健康な身体づくりをサポート。   ■保有資格 ・鍼灸師 ・NASM-PES(全米スポーツ医学協会公認パフォーマンスエンハンスメントスペシャリスト) ・NSCA-CPT(全米ストレングス&コンディショニング協会認定パーソナルトレーナー)

-けんたの日常

© 2020 大阪のコンディショニングトレーナー大西健太のブログ