健康

命にも関わる熱中症。対策、症状って?

  1. HOME >
  2. 健康 >

命にも関わる熱中症。対策、症状って?

昨日の大阪の最高気温は30℃とかなり高くなっていましたね。

これから熱中症が増えてくる時期です。

 

あなた自身、またはお子様や同居している祖父母の対策は万全でしょうか?

 

簡単に熱中症について書いていきます。

熱中症が起こる原因

気温があがっても人間は体内の温度を一定に保とうとします。

下記のような要因によって体温調節がうまくできなくなり、体内に熱がこもってしまった結果、熱中症を引き起こしてしまいます。

その要因は大きく3つに分けることができます。

要因その1:環境

・気温や湿度が高い

・閉め切ったエアコンのない部屋にいる

・急に気温が上がった日

要因その2:からだ

・低栄養状態

・下痢などによる脱水状態

・二日酔いや寝不足といった体調不良

要因その3:行動

・慣れない運動をした

・長時間の屋外作業

・水分補給できない状態が続いた

熱中症が疑われるときはどうすればいい?

例えば、屋外で活動中の場合、いつもと明らかに違う雰囲気を感じたらすぐ休みましょう。

下図にも記載されていますが、

失神や嘔吐、けいれん、意識障害などは誰がみても明らかにおかしいと感じると思います。

しかし、頭痛や不快感、倦怠感などは個人の感覚に頼らなければなりませんし、見ただけではわかりません。

また、スポーツをやっている人間は我慢強いことが多く、このくらい大丈夫だろうと無理をしてしまいます。

大袈裟かもしれませんが、少しでもおかしいと感じたらすぐに対応するようにしましょう。

 

児童や学生のスポーツ現場に関わる人は子供がしんどいと言いやすい雰囲気、環境をつくってあげることも大切かと思います。

 

根性論が必要なこともあるかもしれませんが、ことが起こってからでは遅いです。

命とそのときの練習、どちらが大切か考えましょう。

未だに根性論だけで追い込む指導者がいるのも事実です。

まとめ

当たりまえのことですが大人は自己管理、子供は大人が環境づくりをしてあげることが大切ですね。

屋外、屋内問わず、こまめに水分補給しましょうね。

-健康

© 2021 川西市で鍼灸|おおにし訪問治療院