トレーニング

食事制限が続かず、なかなか痩せない人の傾向トップ5

大阪のコンディショニングトレーナー大西健太です。

 

今日は食事制限が続かず、なかなか痩せない人の傾向ランキングを勝手につくります。

 

今までのパーソナルトレーニングのセッション数を計算してみたら約1万本やってました。

 

僕の主観ですが1万回繰り返したことの中から出てきた傾向をまとめます。

 

軽~い感じでご覧ください♪

 

第5位

よし!今日を最後の晩餐にする!明日から食事制限頑張る!

 

毎日が最後の晩餐になるパターンですね。ダイエットすると決めたその瞬間から戦いは始まってます。

 

明日やろーはバカやろー!即行動!

 

第4位

提案に対して、でもでも攻撃。最終的に楽をしたい。

でも、それは無理かな~。でも、それは続かないよ~。でもそれは私にはあわないかな~。もっと楽な方法ない?

 

確かにトレーナーがお客様の求めているものを理解できずに的外れな提案をしていることもあります。

そこはトレーナーの至らない点ではあります。

トレーナーの提案はまず聞いてみて、とりあえずやってみてください。

 

やる前から自分にはできないと結果を決めつけない!最初はしんどいけど以外に続けれます!

 

第3位

でも本当はそこまで痩せなくてもいいんだよね!と開き直る。

 

人間はしんどいことをしたくないですし、できるだけ楽をして良い結果を求める生き物です。

開き直るのはいいと思います。ただ開き直ったのにも関わらず全然痩せないと嘆くのはやめましょう。

 

もう無理だとあきらめることは悪いことではありません。次の目標を決めましょう! 例)週1回は運動するなど

 

 

第2位

責任転嫁する

 

でもでも攻撃の上級版です。会社で差し入れをもらったから仕方なく、机の上に置いてあったから仕方なくなど。差し入れなんかは断ればいいし、もらっても他の人にあげればいいんです。

挙句の果てには、入るつもりはなかったけど王将が僕を呼んでいたなど謎の言い訳を始めます。

 

差し入れなどをもらわない状況、誘惑に負けそうな時に止めてくれる人をつくりましょう。

 

周囲に同じ目標を持つ人をつくる。自分で良い環境をつくる!

 

 

第1位

そんなに食べていない、でもちょっとしか食べてないと言い張る

 

これがダントツで多い言い訳ですね。

 

質問ですが、1週間前に食べたものを朝からすべて言えますか?

食べたものだけでなく、その量、調理方法などすべてです。

 

言えませんよね?

僕もそんなの覚えてません。

何が言いたいかというと、人間の記憶は曖昧で自分の都合の良いように記憶を勝手につくります

 

人間の身体は基本的に食べたものでしかつくられません。それを1週間前の記憶すら曖昧なのに食べてないと言い張るのはおかしいですよね。

確信犯でウソをついているか、無意識に食べてしまっているはずです。

空き巣に入った泥棒が盗んだ金品はちゃんと持っているのに、盗んだ覚えはない!と言い張るのと同じだと思います。

 

食べたものをすべて写真に撮ってみましょう!以外に食べていることが発覚します。

 

 

以上いかがでしたか?

 

ドキッ!とした人は生活スタイルを見直してみましょう。

 

トレーナーに相談してみる、自己流の人はジムの体験レッスンにいってみる、自分へのご褒美を用意するなど対策をしていきましょう!

 

ファーストクラストレーナーズ南堀江店

大西の契約店舗ページ

大西の体験パーソナルトレーニングはこちら!

※申し込みフォーム、希望トレーナー欄に「大西トレーナー」とご入力ください。

  • この記事を書いた人

大西健太(コンディショニングトレーナー)

~ひとりでも多くの人を健康に幸せに~ 大阪で活動するコンディショニングトレーナー。 一人ひとりに合ったメニューを提案して健康な身体づくりをサポート。   ■保有資格 ・鍼灸師 ・NASM-PES(全米スポーツ医学協会公認パフォーマンスエンハンスメントスペシャリスト) ・NSCA-CPT(全米ストレングス&コンディショニング協会認定パーソナルトレーナー)

-トレーニング

© 2020 【大阪で出張パーソナルトレーニング】大阪、北摂のAPコンディショニング