トレーニング

かんたん!初心者のための運動教室♪

コンディショニングトレーナーの大西です。

 

いつもお世話になっているSarchCの企画した運動教室に講師としていってきました!

 

前回の様子はこちら↓

マンション内のフィットネススペースで姿勢改善教室

 

本日は4名の参加で初参加が3名でした。

皆様、雨の中ご参加ありがとうございました。

 

※プライバシー保護のため顔は隠しています。

 

みなさんの身体の状態を聞いてみると

腰痛があって・・・

身体が固いんです・・・

肩こりが・・・

 

痩せたいんです・・・

下腹が・・・

背中のお肉が・・・

 

痩せるということはやはり女性には永遠の課題のようです。

 

それに普段運動をしていない方ばかりでした。

なので、身体をゆるめること運動の重要性をお伝えしつつ行いました。

二つの組み合わせがめっちゃ大切です。

ゆるめて、運動する。これが大切です。

2回も言ったんで相当大切だと思ってくださいね♪

人間しんどいことはやりたくない生き物です

みなさんゆるめることは気持ちがいいからやるんですよね。

ストレッチやマッサージです。

 

でも、運動はなかなかやらないんです。

なぜなら、しんどいからです。

 

運動しないことは人間の心理上、当然のことだと思います。

人間はしんどいことをしたくない生き物ですからね。

 

そして、運動を普段していない人は

「ついていけるかわからない・・・」

「私にはできないんじゃないか・・・」

「周りの人に迷惑をかけそう・・・」

といった理由で自分を否定してしまったり、周りと比べた結果運動をするのが嫌になってしまいます。

でも人と比べる必要はありませんし、体力のことも気にする必要はありません。

 

自分のできることをやればオッケーです。

どんなことをすればいいかは僕たちプロのトレーナーにお任せください。

大丈夫。

自分に合った運動をすれば必ず身体は変わります。

 

身体が硬い理由は必ずしも筋肉が硬いわけではない

柔軟性のテストでよく前屈をします。

立ったまま身体を前に倒して床に手がつくかをみるやつですね。

 

今日の参加者は見事に手が・・・

 

 

 

なんと!

 

 

 

届きませんでした!!

 

 

硬い!!

僕の心の中はこんな感じでした。

 

冗談です。(笑)

 

◇じゃあ、なんでなの?

床に手が届かない原因は太ももの裏側の筋肉が硬いから。

これはよく言われることです。

 

そんな結論でみなさん太もも裏のストレッチをするんですが、なかなか柔らかくならないんですよね。

 

◇なんで柔らかくならないの?

もも裏が硬いことが原因ではないからです。

 

◇じゃあ、原因は?

体幹の筋群がうまく使えていないからです。(腹筋がちゃんと使えていない)

 

なので、今日最初にやったことは呼吸の練習ですね。

その後に前屈してもらったらみなさんちょっと柔らかくなってましたね。

 

それはなぜかというと・・・

これを書くとすごく長くなるので次回開催時に直接聞きに来てくださいね♪

 

継続は力なり!

今日やった運動は一回だけで効果があるものではありません。

継続することで意味があります。

 

一回だけつかったら一生顔がスベスベになる美容液はないと思います。

毎日ちょっとずつお手入れをすることで美しいお肌が手に入るのと同じですね。

 

サーチックのホームページはこちら↓

 

大阪、堀江のコンディショニングトレーナー

大西健太

——————————————————————————————

コンディショニングトレーナー大西健太へのお問い合わせは下記より↓

LINE@でのお問い合わせはこちら↓(LINE@でこちらからの配信は一切しません)

友だち追加

LINE@のQRコードはこちら↓

メールでのお問い合わせはこちら↓

お問い合わせはこちら

 

 

  • この記事を書いた人

大西健太(コンディショニングトレーナー)

~ひとりでも多くの人を健康に幸せに~ 大阪で活動するコンディショニングトレーナー。 一人ひとりに合ったメニューを提案して健康な身体づくりをサポート。   ■保有資格 ・鍼灸師 ・NASM-PES(全米スポーツ医学協会公認パフォーマンスエンハンスメントスペシャリスト) ・NSCA-CPT(全米ストレングス&コンディショニング協会認定パーソナルトレーナー)

-トレーニング

© 2020 【大阪で出張パーソナルトレーニング】大阪、北摂のAPコンディショニング