マラソン、ランニング

【ランニングシューズの選び方】最低限ここだけは見てほしいポイント

大阪のコンディショニングトレーナー大西健太です。

 

ランニングシューズを選ぶときはどのようなポイントで選ばれていますか?

 

見た目、軽さ、お気に入りのメーカー、価格。

 

様々な理由で選ばれると思います。

 

人間の足の形は人によって少し違います。

なので、絶対にこのシューズがいいというものはありません。

 

人によって良いシューズの定義が違ってきます。

 

しかし、シューズ選びの際に大多数の人に当てはまるポイントはあるのでご紹介していきます。

 

必ずチェックして頂きたいポイントはかかとの硬さです。

 

また、ネットで検索するとプロネーションが・・・

と難しそうな言葉もでてくると思います。

今回ご紹介するのはあまり深く考えないで簡単に考えるためのチェックポイントです。

かかとの硬さは必ずチェックしよう!

チェックの仕方は簡単です。

かかとの部分を後ろから押してください。

〇オススメなランニングシューズ・・・かかとが潰れない

×オススメではないランニングシューズ・・・かかとが簡単に潰れる

 

例えば、このシューズはかかとが潰れにくいです。

 

 

こちらのシューズは簡単に潰れてしまいます。

※たまたま僕が持っているアディダスとリーボックのシューズを比較例に出しましたが、アディダスのシューズが良くてリーボックのシューズがだめと言っているわけではありません。

各メーカーから素晴らしいシューズは発売されています。くれぐれも勘違いしないでください。

 

かかとの部分が大切な理由

 

安定性の問題ですね。

 

走るという動作は「1歩」という同じ動作をひたすら繰り返すことになります。

何千、何万回と繰り返すので当然不安定よりも安定している方がいいです。

 

かかとのホールドが弱いと不安定性が生まれ、足首や膝の痛みに繋がる可能性があります。

 

膝の痛みの原因は足部にあるかもしれない

地面と接しているのは足部です。

土台となる部分がグラグラしてしまうとその上にある膝や股関節にまで影響してしまいます。

こんな症状はないでしょうか?

・ランニングしていたらいつも親指の付け根や足首、膝が痛くなる

 

痛みが起こっているところに原因があることは少ないです。

あなたの膝の痛みは足部から起こっているかもしれません。

もしくはシューズに原因があるかもしれません。

 

見た目がかわいい、オシャレ、かっこいいといった理由で選ぶのもありだと思います。

ダサいものより、かっこいいシューズは誰しもが履きたいと思うはずです。

 

しかし、シューズ購入の際は少しかかとのチェックをしてみると良いシューズに出会えるかもしれませんね。

 

大阪のコンディショニングトレーナー

大西健太

 

  • この記事を書いた人

大西健太(コンディショニングトレーナー)

~ひとりでも多くの人を健康に幸せに~ 大阪で活動するコンディショニングトレーナー。 一人ひとりに合ったメニューを提案して健康な身体づくりをサポート。   ■保有資格 ・鍼灸師 ・NASM-PES(全米スポーツ医学協会公認パフォーマンスエンハンスメントスペシャリスト) ・NSCA-CPT(全米ストレングス&コンディショニング協会認定パーソナルトレーナー)

-マラソン、ランニング

© 2020 【大阪で出張パーソナルトレーニング】大阪、北摂のAPコンディショニング