ダイエット トレーニング

スクワットで痩せるってほんと?!

トレーニングといえば、スクワットというイメージも強いのではないでしょうか?

 

僕もお客様にスクワットは必ずと言っていいほど行う大切なトレーニングです。

 

スクワットは自宅でもできるし、ダイエットのために取り入れるという方も多いと思います。

 

そこでたまに聞く言葉があります。

「スクワットしてるのに痩せない・・・」

 

30日スクワットチャレンジなど流行りがあり、頑張る方も多いです。

確かにスクワットはダイエットに効果的です。

 

ただ、「スクワットをすれば痩せる」ではなく、「スクワットをすれば痩せやすくなるが正しいと思います。

 

スクワットを頑張っているのに痩せないのはなぜ?

ほとんどの原因が食べ過ぎですね。

これに尽きると思います。

 

「私はあまり食べてない!」という方も多いと思いますが、人間って自分に甘いので意外に食べ過ぎちゃってることが多いです。

 

どれだけカロリーを消費してもそれ以上に摂取していれば意味がないですからね。

 

ただ、食べ過ぎてしまうことは悪いわけではありません。

正直、僕もつい食べ過ぎてしまうことはあります。

 

だから「自分は続かない・・・」、「他の人に比べて意志が弱いから・・・」といった感じでネガティブになる必要はありません。

僕たちトレーナーって毎日ささみ!

みたいなストイックな食生活をしていると思われがちなんですが、唐揚げも食べるし、シュークリームだって食べます

食欲は人間の三大欲求の内の一つですから、食欲を抑えれる方がおかしいくらいなんです。

 

とはいえ、食べ続けたら太る一方なのでどこかで調整はしなければなりません。

 

自分の食生活を把握しよう

では、どうすればいいか?ですね。

 

多くの方が食事制限をするときに食べてはいけないものを決めて、これとこれを食べるというように最初に決めると思います。

実はこの前にまずやるべきことがあるんです。

 

自分の食生活を把握する

これだけです。

 

変に我慢しようとするとストレスが溜まる

だんだん耐えれなくなって制限中でも食べてしまう

もう嫌だと辞めてしまう

これは悪循環です。

 

なぜこんなことが起こるかというと「痩せたいという欲求」に対して、「食べたいという欲求」が勝ってしまうからですね。

そんなことわかってるよ!って感じだと思います。

 

何か「食べたいという欲求」に勝つだけの動機が必要ですよね。

まずは自分の生活スタイルから考えてどのくらいなら実現可能かを考えることが大切です。

このくらいならストレスなく続けられるという範囲を探すのがオススメです。

ただ、それなりの効果になるのはちゃんと理解して下さいね。

自分に甘くなれ!

僕はほとんどの人が痩せたいという欲求って実はそんなに強くないんじゃないかと思っています

心のどこかで「私には無理かも」「まあ失敗してもいいや」って思っていないでしょうか?

 

甘ったれてんじゃねぇ!

と言いたいところですが、さすがにそんなことは言いません。

 

ここは冷静になって、なぜ「私には無理かも」と思ってしまうか考えてみましょう。

 

答えは簡単で目標が高すぎると思います。

 

なにか目標を掲げるときって人によくみられたいですし、低い目標を掲げるのって格好悪いと思いがちです。

自分で自分にプレッシャーをかけ過ぎてしまうんですね。

 

だから、解決策はとにかく達成できる目標を立てることです。

特に最初の目標はめちゃくちゃ低くてオッケーです。

そしてそれを達成できたらまた達成可能な新しい目標を立てることがおすすめです。

ちなみに大西は・・・

昨年、このブログを毎日更新するぞ!と意気込んで目標を立てましたが、毎日更新は半年ほどで途絶えました。

さらに一度だれてしまうとそこから「もういいかな」と思ってしまい更に更新頻度が落ちるということになりました。

食事制限しようと意気込んだけど、気持ちが切れてしまって食べちゃったのと同じ状態ですね。

昨年の反省点です。

 

あなたは人から褒められたらどう思いますか?

嬉しいですよね。

褒められて嫌な気持ちになる人は少ないと思います。

できない自分ではなく、できる自分を作り出し褒めてあげることが大切です。

 

スクワットチャレンジとかって正にこれで、一日目から少しづつ増やしていくというものですね。

次の日はプラス5回という感じですね。

これが昨日より30回ずつ増やすとかだったら続かないと思います。

小さな成功の積み重ねですね。

自分に甘くなって褒める理由を作ってしまえばいいんですね♪

スクワットを続けたら痩せやすくなる理由

ダイエットにはスクワットだ!と聞いたことがあるかもしれません。

当然、大きな筋肉を鍛えるから代謝が上がるからなどの理由があると思います。

ただ、先述のように食べ過ぎてしまっては意味がありません。

毎日ではなくても続けることに意味があります。

続けると自然と自分の体への意識が良くなります。

・前より疲れにくくなった

・脚のラインが細くなってきた

・20回しかできなかったけど30回できた

 

このような変化を感じることができると、食事も頑張ってみようかな!となるかもしれませんね。

「今日は頑張ったから食べてしまったらもったいないな」という意識が芽生えてきたら最高です♪

 

まとめ

・「スクワットすれば痩せる」ではなく、「スクワットすれば痩せやすくなる」

・痩せないのは結局、食べ過ぎてる

・ただ我慢できないのは悪いことではない

・まずは自分の食生活を把握してみよう

・食事も運動も必ず達成できそうな目標を立てて取り組んでみる

・自分を褒めて次のステップに繋げる

・自然と良い習慣がついてくる

 

コンディショニングトレーナー

大西健太

  • この記事を書いた人

大西健太(コンディショニングトレーナー)

~ひとりでも多くの人を健康に幸せに~ 大阪で活動するコンディショニングトレーナー。 一人ひとりに合ったメニューを提案して健康な身体づくりをサポート。   ■保有資格 ・鍼灸師 ・NASM-PES(全米スポーツ医学協会公認パフォーマンスエンハンスメントスペシャリスト) ・NSCA-CPT(全米ストレングス&コンディショニング協会認定パーソナルトレーナー)

-ダイエット, トレーニング

© 2020 【大阪で出張パーソナルトレーニング】大阪、北摂のAPコンディショニング