僕の考え

トレーナーを目指す学生&20代前半のなりたての人へ伝えたいこと

大阪で活動しているコンディショニングトレーナーの大西健太です。(@hayanisikenta

 

トレーナー歴は8年になるんですが、約5年間は週休1日で毎日ほぼ14時間働いてきました。

経験したパーソナルトレーニングの本数は延べ1万本を超えていました。

 

フィットネス業界で労働時間だけで言ったらかなり働いてきた自信があります。

(他の人がどのくらい働いているかなんて知らないので自己評価です)

 

お前だれだよって感じだと思いますがトレーナになって8年経った今思うことを書いていきます。

学生さんや若い人の参考になればと思います。

(僕も29歳なのでまだ若造ですが・・・)

偉そうに書いていきますが、ああこういう考え方もありねぐらいの軽い感じで見てもらえたらと思います。

最後まで読んで損はしないと思います。

この記事は3分ぐらいで読めます。

 

自己投資しろ!

トレーナーにとっての自己投資ってどんなことが思いつきますか?

 

恐らくセミナーに参加することや資格取得、専門書の購入などではないでしょうか?

 

もちろんこれは大切な自己投資の一つです。

 

しかし、僕は学生や20代前半の内は知識、技術のための自己投資はあまり必要ないと思っています。

 

まったく勉強する必要がないと言っているわけではなく、専門家として最低限の知識や技術はもちろん必要ですよ。

 

じゃあ何に自己投資するのか?

 

 

経験です。

 

 

知識や技術ってあとからいくらでも身に着けることができます。

でも時間は返ってこないです。

 

例えば、アジア10か国一人旅とか超高級ホテルに泊まって良いサービスを受けるとかです。

 

ヒッチハイクで日本一周とかも面白いかもしれませんね。

学生の内しかできないこともいっぱいあると思うんですよね。

 

なぜ経験が大切なのか?

僕の場合、「20代前半の頃ってどんな生活していた?」って聞かれたら、

「ひたすら働いて、勉強していました」しか答えれないんですよね。

 

全然話が広がりませんよね。w

 

「あ~20代前半のころは世界中を旅していてアフリカでは3回くらい死にかけました」

こんな人の方がちょっと話を聴いてみたくなりませんか?

人間は他人の成功体験よりも失敗体験や自分が経験しえないことに興味がある生き物です。

 

トレーナーという仕事を離れて一度転職してみるのも全然ありだと思います。

旅ではなく、海外で働いてみるとかの挑戦って若いうちにしかできないと思います。

なぜなら若いうちは失敗してもあとから取り戻せるからです。

 

僕の友人にはドイツでサッカーチームのトレーナーがしたいと言っていきなりドイツへ飛び立ったやつや

ワーホリで世界中を旅しているやつもいます。

最近になってそういう人と違う挑戦をしているのってすごく羨ましく思えてきました。

 

あのときやっとけばよかった・・・と思ってももうその時は戻ってきません。

 

だから、若いうちにいろいろと経験しておくのはとても大切なことです。

話のネタが増えるし年齢を重ねたときに興味をもってもらいやすいと思います。

 

知識は後からいくらでもつけることができます。

でも経験は今しかできません。

 

資格取得の教材やセミナーの内容って何年経っても基本的には変わりませんよね。

当然研究が進みアップデートはあると思いますが、大きくは変わらないはずです。

だから、いつ勉強してもそこまで変わらないと思います。

 

それに対して、一人旅はどうでしょうか?

一日、旅をする日が違うだけで旅先で出会う人が変わりますよね。

もしかしたら、人生を変えるような価値観をもった人に出会うかもしれません。

 

それも20歳のときにみる世界と40歳のときにみる世界は違うと思います。

どちらがいいかはわかりませんが、なにかに気づくことに早いに越したことはないと思います。

 

一緒に過ごす人を考えろ!

周りの環境ってすごく大切です。

口を開けば愚痴をこぼす人や志低く言い訳ばかりする人と一緒にいると恐らくあなたの成長はないでしょう。

 

あなたが将来やりたいことや同じような考えも持った人と過ごすことでお互い高め合うことができます。

 

本当に人間は不思議な生き物で周りの環境にはうまく適応していきます。

良い意味でも悪い意味でもです。

 

では、どうやって同じ考えを持った人や志高い人を見つければいいでしょうか?

 

それは簡単で自分の思ったこと、やりたいことを正直に発信していくことです。

「〇〇に挑戦したい!」

「将来は△△になる!」

なんでもいいです。

 

もしかしたら批判されたり、笑われるかもしれません。

そんな人たちは無視でオッケーです。

 

この世界には多くの人がいます。

だから、わかってくれない人を説得している時間があったらわかってくれる人を探した方が早いです。

というか自分のやりたいことを正直に発信していれば周りから勝手に寄ってきます。

 

最終的に自分のことを心底理解してくれる人は10人集まればいいと思います。

 

ワンピース的仲間論

ワンピースをみている人はわかると思いますがルフィの口癖は

「海賊王におれはなる!」ですよね。

いつでもどこでも同じ思考を貫いています。

海軍との頂上戦争では白ひげにも言ってましたね。

 

海賊王になるなんて基本的には笑われることですが、それを理解、共感した仲間がゾロやサンジ、ナミたちなわけですね。

ドレスローザでは麦わら大船団も勝手に作られるほど多くの人に愛される存在になっています。

 

だから、思いを発信していれば勝手に人が集まってくるはずです。

 

まとめ

とにかく若いうちにいろいろ経験してみる。

経験が思考を変え、行動を変えてくれます。

若いうちはどれだけ失敗しても誰か助けてくれるし、あとから取り戻すことができます。

だからいろいろ挑戦してみる。

世間や会社に流されずにやりたいことやって言いたいこと言うだけです。

もしかしたら、批判されたり、笑われるかもしれません。

 

少なくとも僕は挑戦する人は応援しています。

 

以上、20歳の頃の自分に言いたいことを書いてみました。

 

コンディショニングトレーナー

大西健太

  • この記事を書いた人

大西健太(コンディショニングトレーナー)

~ひとりでも多くの人を健康に幸せに~ 大阪で活動するコンディショニングトレーナー。 一人ひとりに合ったメニューを提案して健康な身体づくりをサポート。   ■保有資格 ・鍼灸師 ・NASM-PES(全米スポーツ医学協会公認パフォーマンスエンハンスメントスペシャリスト) ・NSCA-CPT(全米ストレングス&コンディショニング協会認定パーソナルトレーナー)

-僕の考え

© 2020 【大阪で出張パーソナルトレーニング】大阪、北摂のAPコンディショニング