姿勢矯正

【猫背の治し方】猫背はどのくらいの期間で治るの?

大阪で活動するコンディショニングトレーナーの大西です。

 

あなたは猫背が気になりますか?

この記事をご覧になっているということは猫背を気にされていると思います。

 

また、このような疑問をお持ちではないでしょうか?

そもそも猫背って治るの?
もし矯正できるとしたらどのくらいの期間がかかるの?

 

実際お客様からも「猫背はどれくらいで治るのか?」ということはよく質問を受けますし、多くの方が悩まれています。

 

結論から申し上げると人によってどのくらいで治るのかは様々です。

とは言え、ある程度期間がわかっていないと改善のためのトレーニングもやる気が起きませんよね!

 

僕がお客様に提案する期間は2~3ヶ月です。

人によって姿勢不良の原因は様々ですし、実際に体をみてみないと明確な答えは出せません。

 

どのくらい姿勢が悪くなっているか?

原因は何なのか?

どのようなライフスタイルなのか?

運動頻度は?

そもそも骨の変形はないか?

 

などなど・・・

 

様々な要因が重なります。

この記事では治る猫背と治らない猫背をパターン別に分けて解説していきます。

 

治る猫背は早ければ2ヶ月で変化あり

読者の方は「猫背が一瞬で治る方法」を知りたいかもしれません。

よく雑誌やネットで「〇〇するだけで猫背が治る」とか「ゴッドハンドの施術でこんなに変わる」みたいな感じでビフォーアフターの写真があったりします。

正直言って僕の知識、技術で一瞬で姿勢を治すことはできません。

ストレッチなどを行って一時的に良くすることはできるかもしれません。

ただ、すぐに元通りになってしまいます。

 

なぜなら、猫背の多くの原因が日常生活にあるからです。

例えば、スマホやパソコンの見過ぎで座っている姿勢が悪いといったことが挙げられます。

 

その習慣を改善しなければ、根本的に猫背を改善することはできません。

そのために各種エクササイズやストレッチを組み合わせてコンディショニングを行っていきます。

経験的に2ヶ月あれば劇的に変わるというとウソになりますが変化は出てくると思います。

 

そもそもなぜ猫背になるのか?姿勢維持の仕組み。

人間の姿勢をコントロールしているのは簡単に言うと脳です。

なので、脳を活性化していく必要があります。

脳を活性化していくためには固有受容器や前庭といった姿勢維持に必要なセンサーに刺激を入れてあげる必要があります。

 

ややこしい話になってしまうので、ここでは「ストレッチして硬い筋肉をほぐすだけでは姿勢矯正は難しい」と覚えてください。

なかなか人間の体は単純ではないのです。

だから、一瞬で治すということは難しいと考えています。

 

治らない猫背ってあるの?

あります。

加齢や先天的に骨が変形しているなどは正直どうしようもありません。

ただ、悪い変形を起こさないための対策はできるので予防を行うことが大切です。

 

まずは2ヶ月を目安に運動しましょう!

「運動なんて嫌だ!」

「寝ているだけで治る方法はないの?」

という声が聞こえてきそうですね・・・

 

お気持ちはとても分かります。

ただ、自分の体を変えるということは他力本願では叶いません。

決してキツイトレーニングばかりをするわけではないので頑張りましょう。

前述した脳への刺激を入れるために運動は必須なんです(^^)

 

週2回のトレーニングを2ヶ月続ければ、変化は出てくると思います。

ただこれも劇的に変化するわけではなく、前よりちょっとマシになったかなくらいの感覚をもっていただくといいと思います。

 

何年もかけて悪くなったものはいきなり良くならないものです。

根気がいりますが、少しずつ運動で良くしていきましょう。

 

また運動を始めるとこんな効果も期待できます!

運動による効果

  • 肩こり、腰痛が軽減される
  • デスクワークで疲れにくくなる
  • 体幹が強くなる

 

猫背改善のためのトレーニングで様々な効果が期待できます。

 

猫背改善のために簡単にできることは?

日々の小さな積み重ねが大切ですね。

一日の座っている時間を短くする

長時間悪い姿勢でいると悪循環です。

デスクワークで何時間もパソコンに向かいっぱなしという方は多いと思います。

1時間に1回は立って背伸びをしたり、歩くなど同じ姿勢が続かないようにしましょう。

 

移動は歩くようにする

今まで電車やタクシーに乗っていたところを歩いてみましょう!

歩くことで股関節を動かし、脚の筋肉を使うことができます。

デスクワークで凝り固まった筋肉を動かしてあげましょう。

 

もちろん歩きスマホはNGです!

 

スマホをみる時間を制限する

小さい画面を注視していると頭が前に出てきてしまいます。

ストレートネックの原因にもなりますね。

今のスマホの機能は本当に優秀です。

スクリーンタイムを設定しましょう。SNSの時間を制限するなどしてスマホを見る時間を減らすだけで肩こり改善にも繋がりますよ。

 

まとめ

・猫背が治るまでは個人差がある

・トレーニング効果としてざっくり2ヶ月くらいで出始める

・猫背矯正はストレッチだけでなく、運動が必須

 

大阪のコンディショニングトレーナー

大西健太

 

体験トレーニングのお問い合わせは下記よりお願い致します↓

LINE@でのお問い合わせはこちら↓

友だち追加

LINE@のQRコードはこちら↓

メールでのお問い合わせはこちら↓

お問合せ

  • この記事を書いた人

大西健太(コンディショニングトレーナー)

~ひとりでも多くの人を健康に幸せに~ 大阪で活動するコンディショニングトレーナー。 一人ひとりに合ったメニューを提案して健康な身体づくりをサポート。   ■保有資格 ・鍼灸師 ・NASM-PES(全米スポーツ医学協会公認パフォーマンスエンハンスメントスペシャリスト) ・NSCA-CPT(全米ストレングス&コンディショニング協会認定パーソナルトレーナー)

-姿勢矯正

© 2020 【大阪で出張パーソナルトレーニング】大阪、北摂のAPコンディショニング